Original

住宅営業のコツ「商圏拡大に伴う住宅展示場建設などの課題を解決する具体策」

「要員を増員・配置できない」「住宅展示場を建設できない」「フランチャイズ化できない」……。住宅事業を拡大するには、限られた地域だけの深耕では限界があります。そこで考えられるのが商圏の拡大。住宅業界でも多くの住宅会社が商圏拡大を望んでいます。しかし、人員配置、住宅展示場の建設、フランチャイズ加盟店の募集(フランチャイズによる商圏拡大を狙う時のみ)などが大きなハードルになっています。これら課題を解決する手段はあるのでしょうか。

目次[非表示]

  1. 1.住宅営業の商圏拡大のよくある3つの課題
    1. 1.1.住宅営業の商圏拡大の課題1「要員を増員・配置できない」
    2. 1.2.住宅営業の商圏拡大の課題2「住宅展示場を建設できない」
    3. 1.3.住宅営業の商圏拡大の課題3「フランチャイズ化できない」
  2. 2.住宅営業の商圏拡大の課題を解決する方法
    1. 2.1.商圏拡大の課題を解決できる理由1「要員を張り付ける必要がない」
    2. 2.2.商圏拡大の課題を解決できる理由2「住宅を建てなくていい」
    3. 2.3.商圏拡大の課題を解決できる理由3「フランチャイズ化が簡単」
  3. 3.住宅営業の商圏拡大の課題と解決策「MY HOME MARKET」

住宅営業の商圏拡大のよくある3つの課題

売上の拡大を図る場合、対象とするお客様の母数を増やす必要があります。そのための方法として、住宅営業では商圏の拡大が有力な方法の1つです。対象となる商圏を拡大することで、見込み客の増加が見込めます。しかし、この商圏の拡大は簡単ではありません。

住宅営業の商圏拡大の課題1「要員を増員・配置できない」

かつての住宅営業は、訪問件数を稼いで有力な見込み客を発掘し、契約に持ち込んでいました。ローラー作戦という販売方法があり、ここで物をいうのが営業担当の数です。「住宅の売上は営業担当の頭数で決まる」といわれているほどです。

しかし、営業担当の数を増やすことは、企業にとってリスクにもなります。かといって限られた人員で商圏を拡大するのは、既存社員の負荷が高まります。商圏拡大に欠かせない、要員の増員と配置が大きな課題となっています。

shoken1

住宅営業の商圏拡大の課題2「住宅展示場を建設できない」

現在、主流となっている住宅営業の手法は、住宅展示場への集客です。そこで見込み客を発見し、商品となる住宅を説明して商談を開始します。住宅展示場がとても重要なファクターとなっています。

ところが、住宅展示場の建設は簡単ではありません。まずはコスト。建設はもちろん、維持費も必要です。建設には土地も必要ですし、時間もかかります。住宅営業の切り札となる住宅展示場が、商圏拡大の大きなネックとなっているのです。

住宅営業の商圏拡大の課題3「フランチャイズ化できない」

自社のみの商圏拡大に限界がある場合、考えられる方法にフランチャイズがあります。地域の有力な工務店をフランチャイズ化し、販売窓口として、商圏を拡大するのです。

大変魅力的な方法ですが、工務店に自社商品の商材知識を教えるのは簡単ではありません。そのため、フランチャイズ加盟店への営業支援が大きな課題となります。

住宅営業の商圏拡大の課題を解決する方法

「要員を増員・配置できない」「住宅展示場を建設できない」「フランチャイズ化できない」の課題をいかに解決し、いかに商圏を拡大するか?これを解決するのがバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」です。なぜ、バーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」で解決できるのか、その理由をご紹介しましょう。

商圏拡大の課題を解決できる理由1「要員を張り付ける必要がない」

「MY HOME MARKET」の営業プロセスの起点はバーチャル住宅展示場。高精細なVRを活用したバーチャルな住宅展示場ですので、スマホさえあれば、いつでもどこでも住宅の内覧ができます。さらに、価格シミュレーションも可能で、あらかじめ用意されたオプションの選択もできます。

このような仕組みのため、リアルの住宅展示場のように要員を配置する必要がありません。住宅展示場の集客のために、見込み客を足で発掘したりビラを配ったりなど、地元に密着して営業活動に専念する必要がありません。

営業担当を地域に張り付けることなく、商圏の拡大が可能となります。

商圏拡大の課題を解決できる理由2「住宅を建てなくていい」

MY HOME MARKETはバーチャル住宅展示場ですから、図面があれば短期間・低コストでWEB上に住宅を展示できます。さらに、バーチャルですから、ある意味土地は無限大にあります。土地取得で悩むこともありません。住宅の維持費もバーチャルですから安く抑えることができます。

商圏拡大の課題を解決できる理由3「フランチャイズ化が簡単」

「MY HOME MARKET」はバーチャル住宅展示場ですので、日本全国、どこからでも来場(アクセス)できます。そのため、フランチャイズ加盟店が「MY HOME MARKET」を共有して活用することが可能です。加盟店ごとにモデルハウスや住宅展示場を用意する必要がありません。

さらに、情報共有や営業教育も容易になります。バーチャル住宅展示場といっても、高精細なVRを活用していますので、まるで住宅の内部にいるかのような臨場感で内覧会がいつでも実施できます。カタログで住宅の魅力を説明するにはかなりの知識が必要で教育も十分行わなければなりませんが、「MY HOME MARKET」であれば、百聞は一見に如かずで、見せることで説明が完了します。

住宅営業の商圏拡大の課題と解決策「MY HOME MARKET」

このように、「MY HOME MARKET」をうまく活用することで、下記の3つの課題を解決できる可能性があります。

  • 住宅営業の商圏拡大の課題1「要員を増員・配置できない」
  • 住宅営業の商圏拡大の課題2「住宅展示場を建設できない」
  • 住宅営業の商圏拡大の課題3「フランチャイズ化できない」

「MY HOME MARKET」があれば、ハウスメーカーが望む商圏拡大を容易にします。商圏拡大と売上アップのために「MY HOME MARKET」を検討してみませんか?


その他の記事

住宅営業のコツ「住宅展示場による住宅営業を変える!費用対効果アップの仕組みとは?」

2019-05-15

住宅展示場の集客力の低下に伴い、費用対効果が問われています。住宅展示場の費用対効果を改善する新しい形についてご紹介しています。

住宅営業のコツ「規格住宅の効率的な訴求方法・営業方法」

2019-04-15

規格住宅をお客様に提案する時の効率的な提案方法についてご紹介。魅力が伝えられない、自由設計に勝てないなどの課題を解決する方法をご紹介しています。

住宅営業のコツ「住宅営業の打ち合わせ回数を削減する具体策とは?」

2019-04-01

住宅営業で最も重要な打ち合わせ。しかし打ち合わせ回数が増加すると営業工数の悪化だけでなく、お客様への負担増につながります。打ち合わせ回数を効率よく削減する方法についてご紹介します。

住宅営業のコツ「住宅営業のプロセスを変える!契約・着工・引渡しの時間を短縮」

2019-03-15

住宅営業では、契約、着工、引き渡しまでの時間がながい、引き渡し後のクレームが多いといった課題があります。その課題を解決する具体策をご紹介します。

人気記事ランキング

  


 MY HOME MARKETの概要資料

・住宅営業を劇的に変えるMY HOME MARKET概要

・入社2年目の営業が成約を決めた営業方法

・確度の高い見込み客を獲得する「3つの活用法」

・住宅展示場を使った営業が終焉する4つの理由

・2,000人に聞いた!住まい購入に関するニーズ調査アンケート

 >資料請求はこちら